11月も半ばを過ぎ、少しずつ冬の気配が漂ってきていますね。吹く風が冷たくなってきたと肌でも感じる今日このごろ、「なんか調子わるい…」という声を耳にすることも増えてきましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。

これからぐっと寒くなるのは当然のことながら、年末に向けどんどん忙しくなっていくという方も多いかと思います。疲労が蓄積すると免疫力が低下しますので、早め早めの対策でインフルエンザなどのウイルスが体内に忍びこむスキを与えないようにしましょう。

食のネガティブスパイラル

「忙しい」といえば、「時間がない」の代名詞という感じですが、時間がないとおろそかになりがちなのが食事です。

前の日の疲れが抜けなくて早起きできず朝はギリギリ、日中はやることが盛りだくさんで終始バタバタ目が回り、夜にはもうエネルギー残量あとわずか、風呂に入って寝るだけ。

限られしお食事タイムはデスクでパソコンとにらめっこしつつ片手でキーボードやマウスをいじりながらパンやおにぎりを詰めこむ=もはや食べるという感覚ではないけれど食事を摂れるだけいい、なんて人もけっこういるのではないでしょうか(とくにクリニックの周辺のようなオフィス街にはたくさんいるのではないかと…)

そのスタイルを私は「片手飯」と呼び(ワンハンドでサクッと食べられる、スマート飯♪のような洒落たものとはほど遠いイメージです)、ときどき自分もやってしまいますが、食べられない状況にくらべればまだマシとはいえ、身体だけでなく心の健康にとっても、望ましい行動だとはちょっと思えません。

しかし、多忙な現代人。

そうはいっても忙しい→しかたがない→けれどもつづくとストレスたまる→でも発散する時間ない→ストレスたまる→不健康に太る or やせる→ストレスたまる→どうにかしたい→そうはいっても忙しい…(以下略)

これではどうしたって悪循環に陥ってしまうだけです。では、このネガティブスパイラルから脱却するにはいったいどうしたらいいのでしょうか。

あいことばは「キングルイ」

はて、いったいなんのことでしょう?
ルイ〇世、みたいな威厳のある王様が頭に浮かんできそうですが、ちょっと違います。

答えは…

ヘルスフードカウンセラー1級を取得しているチームメディカル健診クリニック院長直伝の「食事を選ぶときの3つのポイント」です。

①「」を意識する
②「」を意識する
③「」を意識する

これらの頭をならべて「キングルイ」と名付けてみました!

この響きだけで、なんだかちょっぴりたくましくなれそうな気がしませんか?

ではでは、さっそく院長からのアドバイスをご紹介しましょう。

菌(キン)

忙しくなると「おなかの調子がイマイチだな」と感じる人、けっこう多いのではないでしょうか。そんなときに力を借りたいのが、アレルギー体質の人にも効果的な乳酸菌です。

➡清涼飲料水の代わりに乳酸菌飲料や菌種の入ったものなどを摂取!

具(グ)

現代人(その中でもとくに働き盛りの比較的お若い方々)はタンパク質の摂取量が少ないといわれています。菓子パン+サラダ(具なし)などではタンパク質がほとんど含まれていないという状態に…

そんなときは

➡菓子パンよりも「具入りおにぎり」「具入りサンドイッチ」で!
➡サラダは緑黄色野菜や海藻、根菜類など具だくさんがおすすめ!
➡1品おかず追加もGood!(たとえばきんぴらやひじきなどの副菜)

類(ルイ)

時間がないとどうしても偏ってしまいがちな栄養。忙しいときこそバランスを意識して、いろんなものを摂りましょう。

➡とくにビタミン類ミネラル類を積極的に摂り入れて!

コンビニで選ぶならこれ!

ヨーグルトや乳酸菌飲料:R-1、LG21、シンバイオティクスWなど
・おにぎり:さけ、たまご、ひじき、わかめ、あさり、炊き込みごはん、納豆巻、雑穀入りなど
・サラダ:緑黄色野菜、海藻、きのこ、とうふ、根菜類など
・スープやみそ汁:わかめ、ほうれん草、とうふ、貝類など
・おでん:たまご、こんぶ、こんにゃく、しらたき、大根、肉類など
(※タンパク質・ミネラル・食物繊維も摂れる)
マルチビタミンゼリー or ドリンク

こんな組み合わせなら好バランス!

最近のコンビニ食は健康を意識している商品もかなり出ているので、工夫次第でバランスよく食べられそうです。

たとえば菓子パンでも全粒粉使用やブラン入り、低糖質なものなども発売されています。おにぎりでも雑穀米や大麦入りなど種類も豊富、サラダやスープ類も根菜やきのこ、肉、とうふなどがバランスよく入っているものもたくさんあります。

そうしたことをふまえて、こんなセットを選んでみてはいかがでしょうか?

・煮たまごおにぎり+サラダ or スープ類+マルチビタミンゼリー or ドリンク
(+根菜の煮物など加えられたらさらにGood!)

・サラダチキン+おにぎり+サラダ or スープ類+マルチビタミンゼリー or ドリンク

・おでん+おにぎり+サラダ+マルチビタミンゼリー or ドリンク

・スープ類+おにぎり or サンドイッチ など(※それぞれの「具」は上記参照)

個人の健康状態もあるのであくまで参考例ですが、ぜひ試してみてください!

「食べる」を「楽しむ」

院長のアドバイスを読んで真っ先に考えはじめたのは

おにぎり2個をおにぎり1個+たまご(おかず代わり)にしてみようかな とか、
あのコンビニのちゃんぽんスープは具が多そうだったから次買ってみるか とか、
ビタミンゼリーやドリンクだったら片手で問題ないからすぐにできそうだ とか、
寒くなってきたからおでんいいよね~ など、けっこうポジティブなプランです。

毎回アドバイスといっしょに院長が必ずかけてくれることばですが、「無理をするのではなく、できるところから少しずつ試すこと」と考える習慣は、やはり大事なのでしょう。

そして、忙しくてもちょっとだけ手を止めて、目の前の食事を見て、匂いをかいで、よく噛んで、味わって、「自分が今なにを食べているのか」をちゃんと感じること。

五感を活かすことは、身体の栄養バランスだけでなく、心を整えるのにも大切ですよね。

人々の生活の基本となる、衣・食・住。その中でも「生きること=生命維持活動」に直結するのは、エネルギーに変換される「食」です。

だからこそ、「食べる」という行為を「楽しむ」

「心を亡くす」と書いてしいという字になりますが、健康のために、忙しくても大切なことは忘れないよう生活していきましょう(あ、れるという字も亡くす+心ですね)