このブログの「はじめまして」のあいさつからしてそうなのですが、私は「高血圧のこわさ」をできるだけ知ってもらいたいといつも思っていて、この前「血圧測定」の項目をまとめていたときもあらためてそれをしみじみ感じたものです。

どうすればわかりやすいだろう、どんなたとえをしたら想像しやすいかな、とデスクでひとり眉間にしわを寄せながら頭をなやませていました。

関連記事:人間ドックの検査項目:血圧

記事を書きすすめるうえで必ずおこなうことがあります。それは情報のすり合わせ。出どころのはっきりした正しい情報をきちんと載せるために、不可欠の作業、絶対のルールです。そのあとで院長の最終チェックやアドバイスも受け、OKをいただけたらアップします。

今回、慎重に再調査しながら参考とさせていただいたのは「日本高血圧学会」さんのウェブサイト。

なぜ「慎重に」とあえて書いたかというと、血圧の基準値については2014年4月に日本人間ドック学会さんが新基準を発表した際、日本国内でかなりの議論が巻き起こったからです。また、世界的にみても2017年11月には米国心臓協会(AHA)がこれまでの140(最高血圧)/90(最低血圧)mmHgより低い130/80 mmHgを高血圧の診断基準とするとの再定義を発表していて、こんなふうに血圧の正常値(基準値)は医学の進歩や時代的背景によって変化を続けているからです。

話はもどり、日本高血圧学会さんのウェブサイトを拝見していたときです。興味深い動画を発見。減塩に関する記事もあげているので「お!」と目に留まって観はじめたのですが、個人的にはツッコミどころが満載。

減塩→信玄→風林火山か、よく思いつくなぁ。ゆえにこの扮装。反してかなり素に近い感じのアシスタントさんの存在と、途中で流れる激しめのBGMとの違和感とか(笑)しかし内容はさすが、わかりやすい!

おまけに、4:22あたりからおとずれる…衝撃の事実!!お買い物のときに表示をじっと見てしまいました。

4:22からの動画はこちら
https://youtu.be/WDx_skF-rNs?t=4m22s

どうです…?気になった方は動画全編、要チェックですよ!

減塩キャンペーン動画『戦国キッチン 命は一度きり』
http://www.jpnsh.jp/info_movie01.html

※新しい食品表示基準では、ナトリウムは「食塩相当量」に換算して表示されることになります(2020年3月31日までに要対応とされています)