人間ドックの身体計測では、身長・体重・BMI・体脂肪率・腹囲の測定をおこないます。
主にメタボリックシンドロームをチェックする目的です。

メタボリックシンドロームとは、単に太っているということではなく、内臓脂肪が多くて生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)になりやすい、いわば「予備軍」のような状態を指します。

BMIとは

Body Mass Index(ボディマス指数)は [体重(kg)]÷[身長(m)の二乗]で算出される値で、肥満度をあらわす指数です。

たとえば身長160cmで体重50キロの人の場合、
BMI=体重(kg) ÷ [身長(m) × 身長(m)]
の計算式にあてはめると、50kg÷[1.6m×1.6m]=19.5となります。

このBMIの計算式は世界共通ですが、やせ型か肥満かなどの判定基準は国によって異なっています。日本ではBMI=22を標準体重としていて、18.5以上~25未満を普通、18.5未満をやせ、25以上で肥満としています。

ただ、運動をたくさんしている人とそうでない人では筋肉量があきらかに違ったりします。しかしBMIはあくまでも体重から算出するものなので、そのうちのどれくらいが筋肉でどれくらいが脂肪なのかまでは判別していません。筋肉や脂肪以外にも水分や骨などもすべて含まれての重量=体重ですから、あわせて体脂肪率と腹囲も計測する必要があります。

体脂肪率とは

読んで字のごとくですが、身体の何%を脂肪が占めているかの数値です。体組成計を使って、体重(前述のとおり水分や骨や筋肉なども含まれる)のうちの筋肉量や内臓脂肪などがそれぞれどのくらいか、身体の組成を分析して体脂肪率を測定します。

体脂肪率は成人男性で25%、成人女性は30%を超えるとやや高めといわれています。また、体重が軽くても体脂肪率が高めな人は太っているようには見えなくても内臓脂肪が多めな状態、いわゆる「かくれ肥満」にあたるので注意が必要です。

ちなみに、体脂肪というと「太る」ことばかり気にしがちですが、体脂肪は少なすぎても害があります。食が細くてやせ型の人は体脂肪が少ない分、身体に不足したエネルギーを補うために筋肉を消費してしまい、筋肉量が減って身体が熱を発しにくくなります。そのうえ脂肪で保温することもできないので冷えやすくなります。そうすると免疫力が低下して風邪を引きやすくなったりします。女性の場合、必要なだけの脂肪が足りていないと「胎児を守り栄養を与えることができない」と身体が判断して、妊娠すること自体を避けようと月経や排卵が止まってしまうこともあるのです。

高すぎても低すぎてもいけない体脂肪率。自身にとっての適正範囲がどれくらいなのかをきちんと性別や年齢と照らし合わせながらマメに確認するようにしましょう。

腹囲測定とは

内臓脂肪型(おなかに脂肪がたまっているタイプ)の肥満の指標として腹囲を測定します。メタボリックシンドロームの疑いがあると診断される基準になっている数値は、男性で85cm以上、女性は90cm以上です。ウエスト周囲径とも呼ばれていますが、実際には一番くびれのある部分ではなく、へその高さでの周囲径を計測します。

メタボリックシンドロームの診断

必須項目である腹囲、そのほかに血圧、空腹時血糖※1、脂質(中性脂肪・HDLコレステロール)※2のうち、いずれか2つの項目の結果が基準値以上/未満※3の場合、メタボリックシンドロームと診断されます。
※1および※2:血液検査項目 ※3:条件は項目による

もし、メタボリックシンドロームの疑いがある、またはメタボリックシンドロームだと診断されてしまっても、そこから食事や運動などの生活習慣の見直しをおこなえば改善は期待できます。むしろ放置したまま生活習慣病になってしまうとその先にもっと危険な病気(たとえば心臓病や脳卒中など命にかかわる疾患)を発症するリスクが高まってしまいます。そういった意味で、何気ない身体計測に見えますが、決しておろそかにはできません。