肺機能検査とは

肺機能検査では、肺結核や気管支喘息(ぜんそく)、慢性閉塞性肺疾患(COPD:肺気腫や慢性気管支炎)などの呼吸器疾患のチェックをおこないます。息を吸い込む力、吐き出す力、体内に酸素を取り込む能力がどれくらいかを、スパイロメーターという機械を用いてはかり、肺の機能を調べます。鼻に空気が通らないようノーズクリップを装着して、筒状のマウスピースを口にくわえ、息を吸ったり吐いたりします。

肺機能検査の項目

肺機能検査では以下の項目を測定します。

・肺活量
・%肺活量
・努力肺活量
・1秒量
・1秒率

肺活量とは

肺気量分画測定(VC)

画像提供:フクダ電子株式会社

肺の大きさ(容量)を調べる検査です。測定はゆっくりとした呼吸でおこないます。楽に呼吸をしたあと、ゆっくりと吐けなくなるまで息を吐ききります。吐ききったら今度はゆっくりと吸えなくなるまで胸いっぱいに息を吸い込みます。ゆっくりと息を吐ききった時点(最大呼気位)から、ゆっくりと吸えなくなるまで息を吸いきった時点(最大吸気位)までに、吸い込めた空気の量を確認します。

%肺活量とは

空気を吸いきったあと、今度はまたゆっくりと吐けなくなるまで息を吐ききります。空気を吸いきった時点(最大吸気位)から再度吐ききれるまで吐いた空気の量(吸った量とほぼ同量になる)を確認して、その人の年齢・性別・身長から算出された基準値=予測肺活量と比較し、80%以上であれば正常とします。

努力肺活量とは

努力性肺活量測定(FVC)

画像提供:フクダ電子株式会社

肺の弾力性を調べる検査です。ゆっくりとした呼吸で測定をおこなう肺活量とは異なり、勢いをつけた呼吸で測定します。胸いっぱいに息を吸い込み、勢いよく一気に吐きます。吐いて、吐き続けて、これ以上もう吐ける空気がないというところまで吐いたら、吐ききった空気の量を確認します。喘息やCOPDのような閉塞性疾患があると、ゆっくりとした呼吸で測定した肺活量より数値は小さくなります。

1秒量とは

努力肺活量測定のはじめの1秒の間に吐き出すことができた空気の量のことです。予測肺活量(基準値)に比べこの量が少なかった場合は気管支が狭くなっている可能性を指摘されます。

1秒率とは

努力肺活量測定のはじめの1秒の間に全体の何%空気を吐き出したか、割合を確認します。70%以上であれば正常とします。肺に弾力性があり、空気の通り道が狭くなっていなければ数値は大きくなりますが、70%未満の場合は喘息やCOPDなどが疑われます。